Traditional
   

非公式/ビリーにより認可済

スファート


スファートはエドアルト(ビリー)さんが会った最初のプレヤーレン、つまり地球外人類です。そのとき、ビリーさんは5才でした。スファートはJHWH(イシュビシュと読みます)で、その意味は「知恵の達人」です。かれはシリウスの星座のサマネット人の助けで、地球にやってくることができました。サマネット人はスファートに洋なしの形をした宇宙船をあたえ、それで地球へ旅行してきたのです。11年間、かれはビリーさんを守る番人であり、先生でもありました。かれの役目は、ビリーさんにさまざまなことについての知識を教え、さらにビリーさんを助けてささえてくれる地球人をさがしだすことでした。スファートは1953年になくなりましたが、年れいは1100才をこえていました。スファートはビリーさんにとてもすぐれたほんやく機をあたえ、ビリーさんはそれをポケットにかくし持っていて、外国語をすぐにほんやくすることができました。

もどる