Traditional
   

非公式/ビリーにより認可済

セムヤーゼ


セムヤーゼは365才をすぎています。プターのむすめであり、スファートのまごです。アスケットが、ビリーさんの使命に関係した役目を終えた後、セムヤーゼはプレヤーレンで、1975年1月28日にスイスでビリーさんに初めて会いました。セムヤーゼは、ビリーさんの使命の重要な部分を助けている中心的な会見者のひとりです。その使命とは、地球の人間に、霊の教えのすべてのこうもくにある真実を広めることです。セムヤーゼの助けによって、ビリーさんはぼう大な量の物的しょうこを残すことができましたが、そのしょうこは、地球においては、知性を持った地球外生命の存在についてのろん争を引き起こしました。セムヤーゼはダル宇宙を何度もたずね、アスケットといっしょに仕事をしました。かの女は、1977年の年末ごろに事故でけがをするまでの数年間、ビリーと会見を続けました。けがは今も治りょう中です(完全に治るには70年かかります)。その事故以来、セムヤーゼは無理をしない生活を続けていますが、 十分に回ふくしたので、2004年にはビリーさんに会いに来ました。かの女はとてもかしこい女性です。

もどる